白柴犬との日がな一日

白柴“いぬさん”とかいぬしの日常を綴るブログ

白柴犬のいぬさんと、首輪の話

f:id:shiroshibainusann:20210207001528j:plain

今までつけていた細い首輪

太い首輪、細い首輪

突然だが、みなさんのお家の犬さんはどのような首輪をつけているだろうか?

我が家の白柴犬・いぬさんは、つい先日まで画像の細い首輪をつけていたのだが、流石にボロボロになっていたため新しく太めの首輪(柴犬などの中型犬用)を購入したところである。何故今回首輪の話をしたかというと、いぬさんの散歩の様子が原因となる。

 

引っ張るいぬさん

何を隠そう、我が家の白柴犬・いぬさんは散歩のときにものすごく引っ張る。ずっと引っ張り続けるわけではないし、落ち着いた散歩も一応できはする(※正に努力の結晶。昔は最初から最後まで引っ張り通しだった)のだが、家から散歩に出た直後や大好きな病院、お気に入りのペットサロンが近付いてくるといぬさんはどうしても興奮してしまうのか、もう我を忘れたのかというほどに飼い主を引っ張って引っ張って引っ張りまくるのである。俗に言う『引っ張り癖』というやつだ。(※少し盛りました)

ともあれ、ここで一旦首輪のことを思い出してほしい。いぬさんが普段つけているのは細い首輪である。この細い首輪にリードをつけて散歩をし、いぬさんは特定の場面で興奮してリードを引っ張りまくる。では引っ張る力はいぬさんのどこに一番負担をかけるだろうか?……そう、首なのだ!!

流石にちょくちょく首に負担をかけていては健康に悪いぞと、我が家では早々に『ハーネス』を採用し、毎回の散歩にはハーネス着用で出かけるようになり、いぬさんの引っ張り癖も少~~~~~~しずつ、本当に少~~~~しずつ改善されてきているのだったが、これでめでたしを迎えないのが我が家のいぬさん。雪が大好きないぬさんは、冬になると「外に出かけたい!連れていけ!!」とアピールする回数が増えるのだ。

 

家の周りを巡るだけのときは

我が家の白柴犬・いぬさんの冬の散歩スケジュールは主に、早朝1回・行きたがれば午前中1回・夕方に1回・行きたがれば夜に1回……を家族でそれぞれ連れていくこととなっていて、早朝と夕方の2回はハーネス装備のガッツリした散歩なのだが、午前中と夜の2回は家の周囲を巡る極々簡単なものとなる。そしていぬさんは最近、ハーネスの装着をごねるのである。装着してしまえばなんのことはないのだが、装着するまでが長いのだ。寧ろハーネスを持った飼い主から逃げまわるのを楽しんでいるようにも思える。それくらい長々と追いかけっこが続くので、1日4回もハーネス装着戦をしていたら埒が明かない。あと体力ももたない。

幸いにして午前中と夜の軽い散歩は早朝と夕方のそれと違ってそこまでガツガツと引っ張られることもないため、幅のある首輪ならば対処できる範囲だろうと、今回晴れて太めの首輪を導入することとなったのだった。

 

f:id:shiroshibainusann:20210207013006j:plain

新しい太い首輪(爆睡中のいぬさん)

細い首輪と太い首輪の違い

細い首輪と太い首輪でそこまで負担が変わるものかと思うかもしれないが、これが案外侮れない。例えるならば、指に裁縫の糸を1本かけて引っ張るのと、リボンを1本かけて引っ張るようなもので、より痛くないのはリボンの方だということがわかる。

勿論太い首輪にしたからと言って負担が完全になくなる訳ではないため『引っ張らせない』『家を出る前に興奮させない』ということがより大切になってくる。今後も試行錯誤して、いぬさんも飼い主も楽な散歩に近づけていけるよう頑張らねばと思う。

いぬさんのごはん(つぶやき)

f:id:shiroshibainusann:20210123032255j:plain

くるまるいぬさん


いぬさん、いま2年の犬人生で2度目のフードジプシーになっている。普段から飽きないようにふりかけかけたり缶詰のせたり何種類かのフードをローテにしたり混ぜてみたりしているのだが、またこの時期がやってきてしまった。

 

とりあえずお試し用のフードをいくつか買い込んで、いぬさんの食いつきが良いものを見極める作戦に出ている。そのうち記事を書くつもりである。

白柴犬のいぬさんと、ありがた~い鹿の話

f:id:shiroshibainusann:20210103071923j:plain

鹿の角と白柴犬・いぬさん

 

柴犬の味方!万能選手な『鹿』!!! 

さて、鹿の何がありがたくてどこが万能選手なんだ?とお思いの皆様にお伝えしたい。「鹿はすごいぞ」と。どこがすごいかと具体的に言うならばずばり鹿肉と、鹿の角!

 

いぬさんに限らず、世の犬という種は避妊や去勢をすると太りやすくなると言われている。何でも、ホルモンバランスが崩れたり、運動量が減ったり、生殖器へのエネルギーがいらなくなってカロリーオーバーになりやすかったりするそうなのだが、このような経緯もあって、ドッグフードなども避妊・去勢用と書かれた専用のものが売っていたりする。我が家の白柴犬・いぬさんも去勢手術を終えてからは専ら『避妊・去勢用』と書かれたドッグフードを食べている。

 ――ということで食べさせるもののカロリーにはよくよく気を配らねばならんのだが、かと言ってカロリーオフカロリーオフ!とおやつの幅を狭めるのも良くないし、せっかく生まれてきたのだから美味しいものをたくさん味わってほしい……!!

との思いから辿り着いたのが『鹿肉』なのであるッ!!

 

鹿肉ってどんな肉?

鹿肉はずばり『低カロリー且つ高タンパクで高栄養』なお肉だと言える。牛・豚・鶏よりもタンパク質が多く、牛・豚よりも格段に脂質とカロリーが少ないにもかかわらず、豊富な鉄分とビタミンB2、血液をサラサラにする不飽和脂肪酸であるDHAも含まれているのだからカロリーを(なるべく)気にしなければならないいぬさんのおやつにぴったりなのであった。

 

今回は悩みに悩んだ結果、術後の体力を取り戻しつつ更にヘルシーで美味しいものを食べさせたい!という思いで『鹿肉五膳』のライトを購入した。(画像が残っていなかったので以下にリンクを貼る)

他にレギュラーとシニア用、姉妹品として馬肉を使用した商品もあるようだ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鹿肉五膳 ライト(50g)【鹿肉五膳】
価格:445円(税込、送料別) (2021/1/3時点)

楽天で購入

 

この鹿肉五膳、何と!鹿肉に高麗ニンジンやローヤルゼリーなど、5種類もの高級薬膳が配合されている優れものなのである。届いて早速開封すると、良いにおいにつられたのか、ドタドタと傍に寄って来て自分からお座りをするいぬさん。背筋がピンッとして、キリッとした表情の、実に気合の入ったお座りを見せてくれている。実際食いつきも抜群で、思わず「そんなに美味しいのかしら?わたしも食べてみようかしら?」と考えてしまうほど美味しそうに食べるのだ。(※犬用です)

 粒の硬さと大きさも丁度良く、しつけのご褒美におやつにとちょこちょこあげやすいサイズであることも高ポイントである。

 

ストレス発散・噛みたい欲求に、鹿の角!

続いてはいぬさんの噛みたい欲求と諸々のストレスを発散させてくれる魔法のアイテム『鹿の角』を紹介しよう。うちの白柴犬・いぬさんは、家に来たときからそれはそれはもう手が付けられないくらいに噛み系統の行動が激しく、お主のそれは虎舞いか権現様の歯打ちかよと思うほどダイナミック&エキサイティングでしつけに大変難儀したものだから、気をそらす意味合いと、噛んで良いもの悪いものを教えるしつけの意味も込めて鹿の角を購入したのであった。(2歳になった現在のいぬさんは大分落ち着いている。当時のことを考えれば最早天と地の差である)

 

鹿の角は硬く、歯が欠ける・折れるという話も度々ネットで目にするので最初は心配ではあったのだが、鹿の角を買おう!と決意したときのいぬさんは既に1歳近くだったことと、これまで一瞬で破壊してきたおもちゃの硬さ・顎の強さ(そしてなんとな~く『骨』を欲しているような気がした)などを鑑みて一回噛ませてみることにした。

 

いぬさん大満足

f:id:shiroshibainusann:20210103071727j:plain

4本目と5本目の鹿の角


かくして我が家に届いた鹿の角。もしかすると興味を持たないこともあり得るよなあとの暗い心配をよそに、ビニールの袋を開ける前から既に大興奮のいぬさん。鹿の野性的な香りがそうさせるのか、狩猟の本能を感じさせる動きで角を口にくわえブンブン振り回したりブン投げたり転がしたり……ひとしきり手荒い歓迎を行ったところで漸く一所に落ち着き、ふせの姿勢でガリガリと、それはそれは楽しそうに尻尾を振りつつ角を噛むいぬさんの姿がそこにありましたとさ。 

鹿の角はその後、1日数回、時間を決めて噛ませていたのだが、あれよあれよとあっという間に1本短くなってしまったため、2本目を買い、3本目を買い、もう4本目と5本目を一気に買ったれ!!というところでいぬさんの鹿の角ブームは落ち着いてしまった。とは言え、4本目と5本目は今もたまに自分でおもちゃ箱から引っ張り出してきて噛んだり投げたりしている。

 

購入した鹿の角はこちら(うちではすぐ短くなってしまうので25センチが最良コスパだった)

 

 

エゾ鹿肉専門店・北のグルメさんには、他にも15センチ・20センチ・半割りなど様々なタイプの鹿の角がある。

白柴犬、いぬさんの去勢手術について

白柴犬のいぬさん、去勢手術に向けて

 

f:id:shiroshibainusann:20201210204251j:plain

ブレブレのいぬさん

犬を飼う上で避けては通れないのが避妊・去勢手術である。我が家の白柴犬、いぬさんはオスであるのでこの場合は去勢手術となるのだが、彼も例に漏れず手術を受けることとなった。今回はいぬさんの受けた去勢手術の流れと、手術後の経過について書いていく。

 

 

かかりつけの病院で事前に見てもらう

 

いぬさんの去勢手術をするにあたって、かかりつけの病院で手術に適切な時期や手術の流れ、検査などの説明を受けることとなった。我が家の場合、いぬさんの健康診断や予防接種の関係で病院へ行く用事があったので、その際に手術についての説明を受けた。

手術をしないリスク&メリットと、手術をするリスク&メリットの両方の説明を受け(これは手術当日にも再度説明をしてくれた)、我が家ではいぬさんに去勢手術を受けさせることとした。

 

 

手術当日、朝

 

そしていぬさんの去勢手術当日。手術日の朝はご飯を食べさせないようにとの指示を守って、そのまま朝一で病院へ。受付を済ませ、再度手術の説明を受けてから先生とスタッフさんにいぬさんを預け、いぬさんの無事を祈りつつ飼い主は家へ。いぬさんは手術後の経過を見るため病院に一泊するので、翌日に迎えに行く手筈となった。

この日はいぬさんのことが心配で心配で、あまり眠れなかった……。

今頃手術が始まっているだろうか、スムーズにいけば今頃終わっているはず、痛くて泣(鳴)いたりしていないだろうか……などと色々考えて、翌日の朝になった。

 

手術翌日

いぬさんの手術から一晩が経過した。午前中に迎えに来るようにとのことだったので、10時頃に準備をし病院へ向かった。受付を済ませ、順番になりいざ診察室へ!!

 

診察室にはいぬさんが……まだおらず、まず先生が手術の結果や経過について説明をしてくれた。手術自体は成功したようだが、どうやらうちのいぬさん、全身麻酔との相性が悪いらしく、今後全身麻酔を使用することはできるだけ避けた方がいいだろうとのことだった。また、いぬさんは手術中、最後の方で早くも目が覚めかけたらしく、傷口を急いで縫ったため見た目は悪いが、治癒には問題がないということの説明も受けた。これも全身麻酔との相性が悪かったせいなのだろう。今後、かかりつけ医院がお休みの日など別の病院にかかることがあるかもしれないし、全身麻酔については気を付けてあげないといけない。

 

 

ついに対面!手術後のいぬさん

手術経過の説明を受け、お会計も済ませ、ついに対面したいぬさんは……とても元気だった!!

青いカラーを颯爽と巻き付けたライオンの如き風貌と一日ぶりの笑顔で我々の目の前に現れたいぬさん。家まで抱っこして連れて帰ろうかと思っていたが、当のいぬさんはこちらの心配などなんのその。手術後であることを感じさせない力強い足取りで帰り道(我が家と動物病院は超近い)をどんどんどんどん進んでいく。手術途中で目が覚めかけたなんて話を聞いて内心動揺しまくっていた我々飼い主の心配を打ち砕く元気ないぬさん。一安心である。

 

 

f:id:shiroshibainusann:20201210204839j:plain

去勢手術から帰ってきてひとやすみ中のいぬさん

去勢手術後の過ごし方(※お食事中の方はご注意)

 

いぬさんの去勢手術後、特に困ったことがある。それはいぬさんの下痢である。

全身麻酔の影響なのか点滴の影響なのかは不明だが、手術後のいぬさんはかなりの水下痢で、トイレシートで上手に受けとめなければ大惨事になるし、突然もよおされた場合などはシートで上手に受け止めてもシートを持っている手が大惨事になる……と言えば大体理解していただけるだろうか。これだけは本当に、ほんっとうに大変だった。

またいぬさんは、カラーを巻いている影響でなにかと勝手が違うらしく、トイレと少しずれた位置にしてしまうこともあったので、いぬさんに合わせてトイレの位置もずらしておくようにした。

あとは激しい運動をさせないとか、傷を舐めさせない(カラーを取らない)とか、病院で説明された事項を守って予後を過ごした。カラーが取れた後もしばらくは傷周りがつっぱったり、体勢によっては傷むこともある様子であったが、今では仰向けでぐで~っとお腹を出したまま伸びをしたりなどもできるようになった。

 

 

犬の去勢手術で性格はどうなる?

 

f:id:shiroshibainusann:20201210205043j:plain

おやつを食べているいぬさん

巷では去勢手術を行うと性格が穏やかになるとかいう話があるようだが、結論から言うと、我が家のいぬさんは去勢手術後に大人しくなるとか、マウンティングをしなくなるとか、そういうことは一切無かった。もとのままのいぬさんである。

 

 

 

終わりに

 

犬を飼う上で重要な去勢手術。大変なこともあったが、我が家のいぬさんは無事に乗り越えることができた。手術後、病院へ迎えにいったときのあの元気さは今でも我が家で語り継がれている。

白柴犬がやってきた『その2』~まずやったこと~

f:id:shiroshibainusann:20201210035730j:plain

初日、我が家探検中の白柴犬・いぬさん



 

前回のおさらい

 

白柴子犬のいぬさんと遭遇した我が家の面々。今回は、いぬさんがやってきてから早めにやったこと・準備したことを振り返りつつ書いていく。

 

 

前の飼い主さんからのメモ

 

前回の記事にもチラッと書いたが、いぬさんを引き取る際、前の飼い主さんからいぬさんについてのメモをいただいていた。

このメモは、いぬさんが毎日どんなご飯をどのように、どれくらいの量食べているかとか、いぬさんの体調(予防接種)についてとか、いぬさんのお世話をスムーズに引き継ぐためにかなり重要なことが書かれていた。このメモを予めいただいていたおかげで、初日のご飯もバタつくことなく与えることができたのだった。とてもありがたいことに、ドッグフードやケージなども前の飼い主さんのところでいぬさん自身が使っていたものをすべて持たせてくれていた。

 

……ということで、我が家で今すぐに用意しなければならないものは多くはなかったのだが、それとは別に用意したものを二つほど紹介する。

 

 

【1】トイレメモ

子犬はとにかくトイレの回数が多い。身体が小さいのだから仕方ないのだが、我が家は室内で子犬を飼ったことがないので、ケージに入れている時間はともかく、室内で遊ばせているときのいぬさんのトイレタイミングをイマイチ掴めない可能性があった。実際、お迎え当日も「え!?今するの???」というタイミングでカーペットをトイレにされてしまったりなど、いぬさんのトイレの『前兆』を掴むことがなかなかに難しかったのだ。

 

そこで製作したのがいぬさんのトイレメモである。とはいえ別に大層なものではなく、エクセルで表を作っていぬさんの排泄した時間を書き込んでいっただけの代物だ。

これを数日続けることで、いぬさんのもよおす『タイミング』が段々とわかってきた。それに、トイレの前兆(そわそわするとか、ぐるぐる回るとか)も徐々に掴むことができるようになり、10日ほど経ったころにはいぬさんのトイレに余裕をもって対応することができていたと思う。しかしここは子犬のいぬさん。突発的なもよおしもあるし、失敗もまだまだあるのは当然のこと。決して無理はせず、自分のペースでトイレを覚えていってほしい。

 

 

【2】食べられるもの・食べられないものメモ

 

f:id:shiroshibainusann:20201210035945j:plain

食べられるもの・食べられないものメモ

メモである。再びメモである。読んで字のごとく、いぬさんに与えても大丈夫なものと、与えてはいけないものをメモしたものになる。案外犬に『あげてはいけないもの』はたくさんあるので、いぬさんの身を守るためにもこのメモは作成しておいたほうが安全だと考えたのだ。

 

必要なときにパッと確認ができるよう、こちらはエクセルではなく普通の紙で作成した。一回一回スマホやPCで調べなくても、台所なんかに置いておいて、野菜や果物など、いぬさんに与えても良いものなのかどうかの確認がその場でできるのは中々便利である。

 

 

終わりに

 

犬を飼うにあたって必要なものは大概ネットや飼育本に載っているのでそちらを参考にしていただくこととして、今回はそれ以外に用意してみて『良かった』もの『役に立った』ものを書き出した。

白柴犬がやってきた!!白柴犬・いぬさんとの遭遇

f:id:shiroshibainusann:20201117025659j:plain
白柴犬・いぬさんの戸惑い顔(我が家に来たばかりの子犬時代)

突然の出会い!白柴子犬のいぬさん

『人生は何が起こるかわからない』とはよく言ったもの。
昨日まで、もっと言えばついさっきまで、こんな素敵な出会いがあるなんて想像もしていなかった。今日も明日も、昨日までのようなちょっと低空飛行な毎日がずっとずーーーーーっと続いていくんだろうなあ……と思っていた。

ところがどうだ。2019年3月30日、今わたしの眼前に、純白の子犬がいるではないか。

かわいい。


白柴の子犬


諸々の事情があり、突然譲り受けることとなった子犬。どうやら白い柴犬のようである。「白い柴犬ってめずらしいんじゃないのか?」「急に知らない家に来て怯えていたりしないか?」などちぐはぐなことを考えながら、我が家のチェック(探検)を始めた白い子犬を見守ること小一時間。その後吠えるでもなく怯えるでもなく、少し控えめではあったがそこそこ遊んで、早速絨毯にトイレをし、遊び疲れたのか普通にケージへ戻って眠ってしまった……。どうやら警戒されたりはしていないようだ。良かった。

f:id:shiroshibainusann:20201117034017j:plain
白柴犬・いぬさんの子犬時代(初日)


この日(初日)は、ケージを組み立て、前の飼い主さんからいただいたメモを元にご飯をあげ、トイレの始末をし……とごく普通のお世話をするのが精一杯であった。我が家に来たばかりのいぬさんになるべくストレスを与えたくなかったので、これらのお世話にもかなり神経を使ったが、当のいぬさんは初日の夜からお腹丸出しで眠っていた。いぬさんにとっては初めての場所なので、ご飯を食べないとか、クレートに籠って出てこない、などという事態も想像していたが、幸いにしてそのようなことはなかった。本当に良かった(2回目)

f:id:shiroshibainusann:20201117035902j:plain
白柴犬・いぬさんの子犬時代(へそ天)

白柴犬のいぬさんと


前の飼い主さんからの情報で「知らない人に対してものすごく吠える」と聞いていたのだが、特に吠えられることもなく無事に初対面~初日を終えることができた。夜中心細くなって起きだすかとも思ったが、いぬさんはこちらの心配をよそに朝までぐっすりすやすや眠っていたのであった。大物の予感がするぞ……。

柴犬とは?柴犬のこと、改めて勉強してみる。

f:id:shiroshibainusann:20201117021617j:plain
白柴犬・いぬさんの後ろ姿

柴犬について、再認識

皆さんは、柴犬ってどんな犬?と聞かれたとき、咄嗟に説明ができるだろうか?
日本犬であるとか、マロ眉で尻尾がクルンとしているとか、大体こんな感じだったよな~と、テレビや写真、イラストなどで見るような、イメージの中の柴犬を語っている……。そんなことはないだろうか?
かくいう私も、柴犬とは何か!?と突然聞かれたら上記のような回答をしただろうと思う。
折角白柴犬と暮らしていくのだから、まずは家族のことをよく知らねばならん!!

……ということで柴犬について改めて勉強してみることにした。

柴犬、なんて読む?

柴犬。振り仮名がされていない場合、それはなんとも悩ましい単語になる。
あなたは柴犬をどう読むだろうか。『しばいぬ』派だろうか、それとも『しばけん』派だろうか。某チョコレート菓子の「どっち派?」問題と共に、しばいぬ・しばけん問題は長らくわたしの心を占拠してきた。とても良い機会なのでこの問題を真っ先に解決したいと思う。

我らが頭脳であるウィキペディアさんなどを参照すると、柴犬と書いて『しばいぬ』と括弧書きがしてある。公益社団法人・日本犬保存会さんのHPにもお邪魔してみたが、やはり柴犬の読みは”SHIBAINU”で『しばいぬ』となっていた。
かといって『しばけん』が間違いなのかといえば、別にそういうわけでもないようなので『しばけん』派の方々も安心してほしい。

因みに、当ブログ『白柴犬との日がな一日』の『柴犬』は、リズムと語感の観点から『しばいぬ』と読まれることを想定しているが、こちらもまた好きに読んでほしい。


柴犬ってどんな犬?

では本題に入ろう。
柴犬とは、日本原産の犬、通称『日本犬』の一種であり、天然記念物にも指定されている。鳥やウサギなど、小動物の狩猟に重宝され、古くから日本の地で人々と共に暮らしてきたらしい。
一般的な性格として、飼い主に従順・警戒心が強く賢いと言われているが、狩猟の手伝い、番犬として家を守るなどの仕事を与えられていたこと、遺伝子的にオオカミに近い犬種であるということもあり、個体差はあるが、興奮しやすかったり攻撃性が高い一面もあるようだ。
実際、うちのいぬさんも上記に洩れず日本犬の日本犬らしい実に柴犬らしい性格をしている。

柴犬が(遺伝子的に)オオカミに近いというのはなかなかすごい事実ではないだろうか。



柴犬『赤』『白』『黒』、そして『胡麻

続いては柴犬の外見について勉強していく。
我が家の白柴犬・いぬさんはその名の通り白い柴犬であるが、柴犬の毛色は『赤(茶)』『黒』『胡麻』『白』が主であり、中でも白や胡麻色の毛を持つ柴は珍しいのだとか。実際、いぬさんの周囲でも胡麻色の柴犬にはまだ会ったことがない……。

また、柴犬の尻尾は巻き尾・差し尾、巻き尾の中の左巻き右巻き、その中の一重巻き二重巻き半巻き車巻き、差し尾の中の太刀尾薙刀尾柳尾たたき尾などなど様々な種類があるとのこと。
我が家のいぬさんは巻き尾だが、右巻きにも左巻きにもなっているのを見たことがあるので気分で左右を選べるのかもしれない。因みにおそらく二重巻き。寝ているときやリラックスしているときは巻いてないことも。



柴犬に豆柴という種は存在するのか

「小さいですね、柴ですか?」「普通の柴じゃないのよ豆柴なのよ」
皆さんはこんな会話を聞いたことはないだろうか?そして『柴犬』と『豆柴』は種類が違うのだと思ってはいないだろうか?
『豆柴』という種は、実は普通の柴犬なのだという。小型の柴犬を選んで交配・繁殖させたものを『豆柴』と呼んで取引がなされる場合もあるようだが、日本の主な登録機関では『豆柴』という種の血統登録は認められていないそうだ。(※公認する団体も一部あるとのこと)
また、豆柴と言えど普通の柴犬であるため、最初は小柄であったものの成長するにつれ通常の柴犬サイズとなる場合もある。豆柴が豆と例えられないほど大きくなってしまったケースなど、ミニウサギはミニではないらしい、という話を思い出す方もいることだろう。



今回のまとめ

一口に柴犬といっても、毛色や尻尾に様々な個性を持つことがわかった。上記で紹介した以外にもまだまだたくさんの魅力がある柴犬。我が家の白柴犬・いぬさんを、また新しい視点で見ることができそうだ。